しばらく前にキャッシングに関する法律が見直されましたが、どういった変化があったと考えられているのでしょうか。現在では、法律が見直されたことで、今までの問題点が解消され、トータルで考えた時にはいい結果だったと判断されています。融資可能な金額の上限は、年収の3分の1までという、総量規制も法改正によってできました。借入金は、返済可能な金額に留めておけるように、借り入れの限度を定めました。法改正以前にキャッシングの申し込みをした人の中には、年収以上の融資を受けている人もいましたが、それは例外です。法律が見直されたことで、金利を引き下げやすくもなっています。利息制限法ができたことで、金利は20%までになりました。かつては、出資法の29.2%までの金利でも違法にはなりませんでしたので、大幅に金利が低くなりました。過去にキャッシングを使っていた人が、法律が改正された今の金利を確認したら、今と昔とでは10%近くも違うことに戸惑うのではないでしょうか。低い金利で融資を受けることができれば、それだけ、支払うべき利息が少なくで済みます。以前は消費者金融は高金利で融資をしているイメージでしたが、最近では18.0%ぐらいに留まっています。一方、銀行は法改正前も後も金利に大きな違いはなく、大体15%程度の融資を受けることが可能です。