もしも学ぶための学資が足りなそうなら、教育ローンや、奨学金を利用するといいでしょう。金融会社や、銀行から、学資にするためにお金を借りる目的型ローンが教育ローンになり、子供の教育費によく使われています。融資金の用途が最初から明確になっていますので、その分審査は通り安く、金利の設定も低いところが大半です。比較的借りやすい学資ローンであっても、大きな金額を借りる場合には、相応の信用力が必要になります。教育資金としては、奨学金制度を利用して、学資を調達するという方法もあります。奨学金の貸し付け型の場合には、本人が学資を借りるという形になります。返済の必要がある奨学金を借りる場合、利子がつくタイプと、つかないタイプがあるので確認が必要です。教育ローンと比較すると、奨学金の利子は低いですから、より返済しやすいほうといえば、教育ローンよりは奨学金です。奨学金を利用する場合、貸し付け型の奨学金には連帯保証人をつけなければなりません。連帯保証人として対象になるのは、申込みをする本人の親になります。つまり、奨学金の返済は借りた本人が行わなければなりませんが、もしも返済が不可能になったなら、連帯保証人に支払い義務が生じます。社会人となってから大学に通うといった場合には、親の保証は必要なく、本人の収入に応じて学資を借りることが可能です。